どこを選ぶべきか分からずに迷ってしまう方も

医師転職を希望している方で、首都圏の病院やクリニックへの勤務を希望している方も多いと思います。

首都圏と一口に言っても東京都以外に神奈川県や埼玉県、千葉県といくつも医療の盛んなエリアがあるため、どこを選ぶべきか分からずに迷ってしまう方もいるかもしれません。

そんな人のために各地域の医療事情や医師転職事情等について紹介していきたいと思います。


神奈川県の医師転職事情について

まずは神奈川県について。 実は神奈川、クリニックの数が約6000と東京都、大阪府に次いで多いのです。

なんとこれは、同じ首都圏に位置する千葉や埼玉と比べて約2倍程度の数字になります。

病院数も約350施設と、神奈川県にここまで医療機関が多いという事は少し驚きではないでしょうか。

また、横浜市立大学附属病院をはじめ、聖マリアンナ医科大学病院、北里大学病院等多くの医大病院があることで、 一次医療を担う診療所だけでなく、高度な医療を担える医療機関が揃っている事も特徴の一つでしょう。


アクセスの良い人気エリアに医療施設が集中

上記のクリニックも含めた病院の数の多さから神奈川は医師の求人数も多いです。

ただ、横浜市や川崎市といったアクセスの良い人気エリアに医療施設が集中しているために、求人がすぐ埋まってしまうため、神奈川県で医師転職を考えている人は注意が必要です。

※詳細については神奈川県の医師求人事情についてのページをご欄ください。