神奈川県の医療問題に対しての取り組み

ここ最近全国的に医師不足が問題として叫ばれていますね。

神奈川県も例外でなく医師不足に悩まされている県の一つです。

大都市である横浜や川崎のある東部はまだしも、西部はかなり深刻な不足状況のようです。

この状況を鑑みて神奈川県も医療問題に真剣に取り組んでいます。


大きな施策である「神奈川県保健医療計画」

代表的なのは県民が「誰でも等しく良質かつ適切な保健医療サービスを受けられる」という基本理念を目標に策定された「神奈川県保健医療計画」でしょう。

「安全・安心で質の高い医療サービス体制の充実」、「医療・福祉・保健それぞれの連携の強化」、「健康な体つくりのための運動の推進」等の主要目標を掲げて 医療問題に取り組んでいます。

他にも、県内の地域医療を将来的に担うであろう医師の育成と確保を図るため、神奈川県地域医療医師修学資金貸付制度という条件次第で返還免除も受けられる 学資貸与制度も設けています。


転職を考えている医師にとっては大きな選択肢の一つ

その他様々な医療施策を設けていて、これらの情報は全て県民に公開されているのです。

これだけ医療に大して意識の高い神奈川県ですから、これからもっと充実した医療環境を形作っていくでしょう。

都内に比べると給与も高めなので、転職を考えている医師にとっては大きな選択肢の一つになるのではないでしょうか。