神奈川県の地域医療の特徴

都内周辺での医師転職に興味があるけど地域毎にどのような特色があるのかわからないという人のために、今回は神奈川県の地域医療の特徴について 紹介したいと思います。

横浜・川崎、相模原、湘南東部・湘南西部、県央、県西、横須賀・三浦 神奈川県のエリアは大まかにこの地域に分類されます。

それでは、それぞれの特徴について簡潔に見て行きたいと思います。


エリア別の特徴について

横浜・川崎エリアについて

まずは神奈川県内に点在する救急救命センター12施設のうち8施設が集中している横浜・川崎エリア。

このエリアはスキルアップを目指したり、医療の第一線での勤務を希望している先生に最適と言えるでしょう。


相模原エリアについて

次に相模原エリアについて。

このエリアは療養施設、精神科の病院が半数近く占めているので、老人内科や精神科の募集が多いです。

そのため比較的給与相場が高いのも特徴の一つです。


湘南東部、湘南西部エリアについて

湘南東部、湘南西部エリアはともに急性期や療養型の病院が混在しています。

また、都内からのアクセスに時間がかかるため、県内住みの先生におすすめのエリアと言えるでしょう。


県西エリアについて

県西エリアは地域密着型の病院が多く、地域との連携が求められるエリアになります。

そのため地域の医療を担うというやりがいを感じたい先生にオススメのエリアと言えます。

県央エリアについて 対して県央エリアでは、地域密着型の色が県西エリア程濃くはない上に都内からも比較的アクセスしやすい事が特徴でしょう。

どちらも給与相場は高めになります。


横須賀・三浦エリアについて

最後に横須賀・三浦エリアについて。

このエリアの民間病院は地域密着型の色が強く、地域と密接に結びついている地域と言えます。

給与相場も高く、地域の方々としっかりと向き合って勤務していきたいと考えている先生におすすめのエリアと言えます。