実は神奈川県は医師不足

実は神奈川県って医師不足だって事知っていますか?

都内に近い上に、横浜や川崎のような大都市のある神奈川が医師不足って少し信じられないかもしれません。

実はこの横浜や川崎が神奈川県の医師不足に大きく影響しているのです。

この二大都市に医師が一極集中しているため、横浜・川崎以外の地域では医師不足に悩まされています。


県内の人材流出も原因の一つ

他にも、国勢調査による他県への通勤・通学率が1位という事から、県内の人材流出も原因の一つでしょう。

横浜・川崎の一極集中と書きましたが、この二つの都市部も産婦人科や小児科は不足傾向にあるようです。

このまま医師不足の状態が続けば、人口900万人を抱える神奈川にとってこれから確実に来るであろう高齢化の波は 非常に頭を悩ませる問題であることに間違いありません。


神奈川県の対策について

そこで神奈川県は「神奈川県保健医療計画」という医療指標計画をを2008年から策定しています。

この計画の詳細は後述しますが、「患者の視点に立った安心安全で質の高い保険医療サービスの提供を目指す」という取り組みです。

こういった医療への意識の高い取り組みによって医師不足問題に対する成果は徐々に上がってきているようです。

これから転職を考えている先生にとっては働きやすい環境と言えるかもしれませんね。